KS氏

KS氏はすごい。
87才の研究者(生い立ちは涙が出てくるほど悲しい苦労をされています)
以前聞きに行ったセミナーでステルス戦闘機に乗ったらしく
あれは反重力エンジン(UFOの原理)で飛んでいるのは
間違いないようだと確信されたようです。
その時はエリザベス女王にもあって乗馬をしたような・・・。(←少し記憶があいまい)
発明もたくさんある
銀河運動装置(銀河の模型を作り生命蘇生もできる装置)
ライフコントローラー(気を作る装置)発売しています。
ルーツファインダー(5次元探査装置)
E水(気の充満した水)発売しています。
エイブラー(高波動受信装置・・・?)
ユニバースメーカー(?)などです。

最近、それらを利用して宇宙船に乗ったとか以下、コピペしますので読んでみてください。

**********************************************************
みなさん、驚くべきことがおきました!!!

われらがKS先生が、あの巨大なマザーシップに乗船して、地底世界に住むアルザル人と

会ったそうなのです。

今日、お久しぶりにお会いした神坂先生は、おもむろに

「jimiさん、最近おもしろいことがおきました。」

と、お話をはじめましたが、僕はお聞きしているうちに開いた口が塞がりませんでした。

「完全ファイルUFO&プラズマ兵器」飛鳥昭雄著を読んだ神坂先生は、宇宙は同じアナログ電

気の大きな一つの塊だから、強く願えば絶対会えるはずだと思い、神坂先生はルーツファイダ

とユニバースメーカーを稼働させながら、その高波動に乗せて「アルザル人に会いたい!」

強く願ったそうです。

そうしたところ、なんと、一週間ほどで「いつ、どこで」とテレパシーで連絡があったそうなのです。

そして、そして、ついに

11月23日木曜日夜9時半前後、待ち合わせ場所の広場にいると、「なにか来た!!」と気配がした

途端、次の瞬間宇宙船の中にいてびっくりする神坂先生。

東久留米からワシントンまであっと言う間の2分!!

猛烈なスピードの宇宙船から、星が光の筋のようにものすごい勢いで見えます。

しばらくワシントン上空で飛び回ったあと、ふと上を見ると巨大なあのマザーシップが。。。。

他の宇宙船と一緒に吸い込まれるようにマザーシップの中に入った神坂先生は

ついにあのアルザル人に面談をするのです。

そして、その面談したアルザル人の絵を神坂先生は下記のよう書いていいます。

この同じヘルメットを神坂先生もつけるようにと言われ、それから日本語で会話したそうです。

そして、なんと、なんと、

その顔をみると、全くの日本人なのだそうなのです。
a0094323_22521031.jpg

[PR]
by yoiko415no44 | 2006-12-07 22:52


<< 今年もルミナリエ 9-11のその後 >>